かえる陶小物作りを生業とする動物好き作家の独り言


by kaeruan-moja

沖縄2013

東京から帰ってすぐに法事のため沖縄へ行ってきました。沖縄は梅雨真っ盛りで雨、雨、雨・・・。
時折竜巻注意報も出るほどの荒れた日もありました。
けれども一日だけでも沖縄の自然に触れたい・・・ということで今回は海ではなく山散策に出かけました。小康状態の雨の日に傘をさしながら沖縄本島の北、山原地区の阿波(あは)という地区にある「学びの森」に行きました。
そこは天然記念物のヤンバルクイナも生息しており、うまくいけば出会える自然の地。亜熱帯ならではの植物群落もあり、歩きながら学べる森です。

一歳の娘もいたので簡単な20分ほどのコース「よんなー(沖縄の方言でゆっくり)」を選び、いざヤンバルクイナの元へ・・・と思いきや近くの茂みで低いうなり声が・・!熊!?イノシシ!?
施設の職員数名が茂みをうかがっていたので思わず聞いてみると捨て犬がいる、とのことでした。
保護しようと餌でおびきよせようとしていましたがでてきませんでした。
気をとりなおしてコースへ向かうと後ろから真っ黒い犬がついてくるではありませんか!
さっきの茂みにいた犬でした。うちの犬のにおいがついていたからなのか側まで寄ってきたので首輪を
掴んでゆっくり施設に引き返しスタッフの方に引き取ってもらいました。

以前にも捨て犬があり、ここのスタッフの一人が飼うことになったらしいけれど、このあたりでは捨て犬が多いらしく問題になっているようです。自然の中ならなんとか生きていけるだろうと、わざわざ捨てにきているようです。でも必ずしも飼ってくれるとは限らないのです。
人間の身勝手さを見せられた気がしました。

散策を始めてアカハライモリ(方言名:ヤマソージサー)やキノボリトカゲ、不思議なくもなどの生き物に出会い、嬉しかったです。
残念ながらヤンバルクイナには出会えませんでしたが鳴き声はしたような気がしました。

途中、数年前にゲゲゲの鬼太郎が上映された時の「鬼太郎ハウス」が展示してあり、中に入って雨宿り。目玉の親父人形がちょっと怖かったです。

霧雨のような中、たっぷりマイナスイオンをあびました。
a0195061_1404730.jpg
a0195061_1402210.jpg
a0195061_140033.jpg
a0195061_1393281.jpg
a0195061_1385796.jpg

[PR]
by kaeruan-moja | 2013-06-02 01:42